山本五十六元帥

山本五十六元帥の名言です。

 

<大日本帝国海軍 第26、27代連合艦隊司令長官。

戦死時の階級は海軍大将で、死後元師に特進しました。

明朗な性格で、部下や同僚から非常に高い信頼を寄せられた人物でした。


山本元師は当時の欧米事情にも詳しく、日独伊三国軍事同盟や日米開戦に最後まで反対していました。

航空機戦力に早く着目し海軍航空隊設立に尽力し、日米開戦時には「短期決戦・早期和平」という日米間に於ける国力の差を冷静に分析し、現実的な作戦計画を実施しようとしたこと等、旧日本海軍軍人の中でも傑出した名将としての評価は今日でも高く、海外においても広く賞賛されています。>

「やってみせ,


 言ってきかせて,


 させてみせ,


 ほめてやらねば,人は動かじ。」




しかし、この言葉には続きがあるのです。



「話し合い、耳を傾け、承認し、


任せてやらねば、人は育たず。」




やっている、姿を感謝で見守って、


信頼せねば、人は実らず。」


本当に人を育てる者が心得るべき名言です。

実践、実行していきましょう!!