【GOOD INNOVATIONメルマガ】Vol.127 「なぜ部下に伝わらないのか?」

 
皆さん、いつもありがとうございます。脇坂です。
いつも研修やコンサルティングをさせていただいてると上司と部下とのミスコミュニケーションのご相談をいただきます。
 
「うちの部下には、いくら話をしてもわかってもらえないんですよね??」
「何か新しいことを始めようとすると抵抗されるんですよね??」etc.
 
皆さんは、どうお感じでしょうか?
 
まず、前提として 
「上司と部下はコミュニケーションがうまくいかなくて当然だ!ということです。」 
そのことを理解したうえで、部下とコミュニケーションする必要があります。 
 
なぜならば、年代の違い、経験の違い、知識の違い、情報の違い、ビジョンの違いetc.
のギャップがあるからなんです。
 
逆に共通点が多いとコミュニケーションは促進されます。
たとえば、出身地、出身学校が同じ、趣味が同じ、ビジョンが同じ、目的が同じetc.があると親近感がわきますよね!!
 
だから、最強で最高のチームを創るのであれば「共通点」を意識的に作っていく必要があります。
 
最近、大企業でも社内行事として「運動会」や「社員旅行」などを復活させているところも増えているようです。
 
だから、私たちも意識的に社内レクリエーションや勉強会などを開催することによって
「共通点」「共通体験」「共通情報」などを増やしていくことでコミュニケーションを促進する基礎を作っていくことが必要となります。
 
<今週の言葉>
共通点を作ることでコミュニケーションは促進される!